ロラゼパムの概要

ロラゼパムの概要

ロラゼパムという薬があります。

ロラゼパム(lorazepam)というのは、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬および催眠術鎮静剤です。
その効果というのはとても強く、また、一時的な持続は、中間中の程度(解除半減期は約12時間です)です。
ベンゾジアゼピンでは、ロラゼパムの依存可能性は比較的高いと言われています。

商標はワイパックス(Wypaxファイザー)および略称WPXです。
ジェネリック医薬品(ジェネリック医薬品)としてアチバン(Ativan)があります。
テメスタ(Temesta)、タボール (Tavor)、アズロゲン、ユーパン(沢井製薬)といった種類を備えているようです。

大人では、1-3 mgは、1番目の上で2-3ステップで通常得られるでしょう!
さらに、パニック障害などに対しては、少量(0.5-1 mg)といった条件が現われる頓服する場合もあるようです。
この量は年齢または条件によって変動されます。

しかし、胎児催奇形性がベンゾジアゼピン薬に多少あることや胎盤浸透性が脱退条件かは誕生直後に胎児に発生する恐れが仮定されますので、妊娠した人々は医者と相談する必要があるようです。

つまり使い方には注意が必要なようです。

copyright(C)正しい知識〜ロラゼパム〜