高齢回社会とED

高齢回社会とED

高齢化社会に伴い、ED(勃起不全)に悩まされている男性が増えているそうです。

ED(勃起不全)とは性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できない
ため、満足な性交が行えない状態とされています。

勃起が起こらない状態だけでなく、硬さや持続時間に問題がある場合もEDになるそうです。

たまに勃起しないことがあるなど本人に不安が残る場合もEDだそうです。

中程度や重度のものをあわせると日本で約1130万人もの人がEDに悩まされているそうです。

EDの原因として言われているのが男性ホルモンの低下と言われています。

男性ホルモンは加齢とともに減少します。

ピークは25歳位と言われ、その後は減少します。
しかし、最近は生活習慣の乱れや食生活のバランスなどの影響で、その減少の程度に
拍車がかかっているようです。

その結果、EDの状況が増えているそうです。また比較的若い人のEDも増えているそうです。

EDはED治療薬で改善することが可能です。有名なのはバイアグラです。

バイアグラなどのED治療薬は医薬品ですので、医師の処方が必要になります。

軽度の副作用がありますが、そんなに大きなものではありません。

そんなED治療薬はED治療薬の口コミ、ランキング、通販情報で確認してみてください。

copyright(C)正しい知識〜ロラゼパム〜